旗・フラッグどっとこむ

掲揚期間について|オリジナル安全旗・安全衛生旗のプリント作成でしたら専門店である当社が承ります。ご希望の生地素材とサイズで丁寧にお仕上げ!

旗の魅力と言えば:企業の記念知度アップに! 式典・イベントの必須品! 広告・宣伝として大活躍!

運営会社:株式会社KILAMEK TEL 03-3350-8215

掲揚期間について

安全旗や衛生旗、並びに労働衛生旗の三旗は広く一般に認知されている様で、知られていないフラッグです。

しかしこれは、特別に何が悪いと言う明確な理由はなく、単純に使用環境による物だと言えます。

最も使用されている事が望ましい環境であっても、安全旗の呼称は認知度が低いのですから、仕方ありません。

掲揚義務について

どんなに危険な工事現場や工場であったとしても法的な設置義務はありません。

その為、冒頭でも触れましたが、安全旗を緑十字と呼称されるケースが多くなると推測されます。

そしてそれは、結果、製作機会や、認知度を低下させる原因にも繋がっております。

掲揚義務化した場合

推奨する訳ではありませんが、掲揚を義務化した場合、掲揚率は限りなく100%に近づくのではないでしょうか?

それは元々、安全旗自体に関心が無くとも労働事故や災害に関しても関心があり、気を配っている企業が多く存在します。

その為、大きな反発もなく、労働災害や事故を防ぐ意識統一を目的に掲揚を行うのではないでしょうか?

掲揚を推奨される時

法的に義務化がされている訳ではありませんが、安全旗の掲揚が推奨される期間と言う物がございます。

それは労働事故防止週間や、労働災害防止月間などです。こうした期間には、建築現場などでの掲揚が行われます。

限定的な掲揚期間ですが、こうした際に活用する目的で名入れ作成し、ご用意されては如何でしょうか?

存在について

冒頭で安全旗を含め、衛生旗や労働衛生旗の三旗と呼ばれるフラッグの認知度が低いと申し上げました。

では、旗制作し掲揚する事に意味は無いのかと言えば、それはまた別の結論に達します。

オリジナル、既製品問わず、注意喚起や意識確認を行わせる力を有しています。

お求めになる際には

既製品と呼ばれる物に企業名や工場名などの名入れを施し、オリジナル性を加えて製作されます。

またこうしたプリントを行う事で、単なる内側へ向けたフラッグから、外側へ向けたアピール旗にも変わります。

特注品らしく、名入れを施し、激安作成をご検討される際は、是非とも当社にお任せ下さいませ。