旗・フラッグどっとこむ

会旗のお手入れと保管|会旗のオリジナル作成でしたら専門店の弊社が承ります。プリントから刺繍まで、その製法や生地素材のご指定も可能です!

旗の魅力と言えば:企業の記念知度アップに! 式典・イベントの必須品! 広告・宣伝として大活躍!

運営会社:株式会社KILAMEK TEL 03-3350-8215

会旗のお手入れと保管

オリジナルで製作された会旗を長くご使用頂く上では、使用する度にお手入れを行う事と、使用しない時には、しっかりとした保管を行って頂く事が理想です。そこでこちらでは、特別な思想を感じさせる旗やフラッグのお手入れや保管についてご紹介致します。

会旗のお手入れ

会旗を製作している生地の多くは、ポリエステル塩瀬です。とても気品あふれる雰囲気を見せる魅力ある布で、化繊生地ではありますが深みのある印象を与えます。こうした生地ですから、お手入れ方法には注意する必要がございます。

なおかつ、会旗には刺繍が施される事が多々ございます。これもまたお手入れを考えた際には、注意する必要のある物です。そうした事を考慮し、優しいお手入れを行って頂きたいと思います。その方法として日々のお手入れを推奨します。

汚れない、汚れがつかない状況をつくり上げる事で、過度な洗濯をする必要がなくなります。その為、少なくとも会旗を使う機会があった度に、ホコリを払う、簡単な汚れを拭き取る等のお手入れを行って頂きたいと思います。

会旗の保管方法

続いて、会旗の保管方法ですが、こちらに関しましても生地に優しい形で保管して頂きたいと思います。

その方法ですが、直射日光が当たる様な場所では会旗の保管はお控え下さい。加えて、湿気の多い場所でも保管に適しません。すると必然的に暗所で風通しの良い場所になります。また、専用のケースに入れ湿気取りなどを入れる事も有効です。

会旗の保管は特に難しい事はなく、上記の手順を限られたスペースの中で行って頂けましたら幸いです。

なお折り畳む事で折りジワが出来るのでは?とご不安なお客様は、会旗を筒状に丸めて保管して下さい。折角、オリジナル制作をした物ですから、余計なシワで印刷やプリント、刺繍を施したデザインの良さを損なわせる事なく保管して下さい。

なお、会旗を作成する際は、縫製や仕立てにこだわる事で、より威厳溢れる力強いフラッグが完成致します。