旗・フラッグどっとこむ

寄せ書きをする|オリジナル応援旗の作成をお考えでしたら、是非弊社にお任せ下さい。デザインから製法までどんなご相談でもお気軽に!

旗の魅力と言えば:企業の記念知度アップに! 式典・イベントの必須品! 広告・宣伝として大活躍!

運営会社:株式会社KILAMEK TEL 03-3350-8215

寄せ書きをする

通常、応援旗制作を行う際、一からデザインを作成し、それを印刷して完成となりますが、近年よく見る光景に、こうして作成されたオリジナルフラッグへ、より特徴的な個性を生み出すかの様に、声援を送る対象に向け、寄せ書きが行われています。

応援旗へ文字を書き込む物

応援旗が製作される生地は様々ございます。まれにビニール素材のターポリンを使用されるケースもあるかもしれませんが、そうしたケースであっても寄せ書きを行う際に活用する素材を変える事で、状況に応じた対処が可能になります。

マジックペン

水性と油性がございます。応援旗生地への滲みや素材の性質などを考慮してお選び下さい。

またペン先に気を使う事で、作成された応援旗のデザイン性をより高める事が可能です。

ペンキ

塗装用塗料をご活用になり、応援旗へ寄せ書きを行う際は衣類への付着などにご注意下さい。

また塗装用塗料は、場合によっては特殊な溶剤を必要としますので、応援旗をひどく傷める可能性がございます。

絵の具

水彩から油、岩、アクリルなど様々な物がございます。応援旗に映える物をお選び下さい。

ただし使い易さや入手のし易さ、そして色落ちなどを考えますと、アクリルが応援旗への寄せ書きにはオススメです。

刺繍

応援旗作成に用いられる物ではありませんが、それだけにオリジナルフラッグの要素を強く生み出します。

仮に名入れなどを行う場合、制作された応援旗のサイズにもよりますが、完成までに時間を要します。

応援旗自体のデザイン

応援旗には、通常、何らかのデザインが施されます。寄せ書きを行うのであれば、表現された内容により形は変わります。

従いまして、オリジナル作成を行った応援旗に印刷されたデザイン内容から、適した寄せ書き内容を探ります。

無地

デザインを何も印刷しない生地で応援旗製作を行った場合、寄せ書きを自由な形で表現出来ます。

また白地や赤地、青地、黒地と全面に色付けをした応援旗も無地に該当しますので、デザイン性のある寄せ書きが行えます。

日の丸

応援旗に寄せ書きを…と考えた場合、まず先にその姿を想像するフラッグだと思います。

サッカーの代表戦では、この日の丸応援旗に不特定多数のサポーターから、寄せ書きが行われています。

シルエット

応援旗作成を行う際、意外と見掛ける事の多いデザイン表現の一つがこちらになります。

旗の中に印刷された表情が鈍い分、寄せ書きに様々な想いを込める事ができ、おしゃれな応援旗になります。

写真

フルカラープリントを取り込んだ応援旗に寄せ書きを行う際は、単純に気持ちを乗せるイメージとなります。

文字として届けた意味よりも、応援旗に滲ませた気持ちが印刷された写真の上で確かな力を伝えます。